最新情報

「どっと原価NEO」にセルフサービス統合クラウド「ManageOZO3」が連携

株式会社ITCS(本社:愛知県名古屋市中村区、代表取締役:深見 和久、以下 ITCS)は、クラウドサービスとして2016年7月から提供を開始した「ManageOZO3」の勤怠管理アプリケーションで、2017年1月のリリース分から新たに株式会社建設ドットウェブ(本社:石川県金沢市、社長:三國 浩明、以下建設ドットウェブ)の「どっと原価NEO」との連携機能を標準搭載すると発表いたしました。
これにより、どっと原価NEOにOZO3で集計したプロジェクト毎の工数実績がフォーマット変換をしなくても連携できるようになり、原価計算などでの活用シーンを見込んでおります。

 ▼ManageOZO3製品サイト : http://www.m-ozo.jp/

■「ManageOZO3」とは
 経費、勤怠、稟議申請などのセルフサービスが統合され、業務管理、運用管理がしやすいのが特徴です。また、使いやすいUIで、基幹システムとの連携実績が多く、前身の製品版から累計で300社導入、80000ライセンスの出荷実績があります。

■「ManageOZO3」に関するお問い合わせ先
 企業名: 株式会社ITCS
 担当部署:営業部
 TEL:03-3359-9230
 Email:sales@itcs.jp