〈機能〉承認機能

承認機能

豊富な承認機能により内部統制ルールが作成できます。

実行予算作成から発注までの承認の流れ(例)

■伝票承認(7種)・マスター承認(2種)・明細確定(3種)に対応します。
■承認は最大2段階(承認者・最終承認者)まで設定可能です。(個人またはグループ単位)
■申請者が申請すると承認者に通知されます。

1申請 

あらかじめ設定された承認者に対して、「申請」でき、コメント入力も行えます。
また、承認前であれば「取戻し」も可能です。

2通知

承認者はメニュー下に通知されます。これをクリックすることで申請内容が表示されます。

3承認

「承認」または、「差戻し」が行えます。必要に応じて、コメント入力も行えます。

さらに高度なワークフローにも対応

ワークフロー専用ソフト(MajorFlow)との連携により、条件分岐や無限の承認フェーズにも対応します。
対応:見積書・実行予算書・発注依頼・注文書
※MajorFlowはパナソニックネットソリューションズ(株)の製品です。