ソフトウェアご利用のお客様 Q&A

※旧製品(どっと原価)ご利用のお客様Q&Aはコチラ

キーワード検索

※旧製品(どっと原価)ご利用のお客様Q&Aはコチラ

工事原価

[No.69999] 受注工事一覧表で、10月~12月の期間に受注した工事の集計を行いたいので期間を19/10/01~19/12/31としましたが、期間外に受注した工事も表示されます。
ヘッダーの「期間」は、金額の集計期間です。 「条件設定」をクリックし、「条件設定2」の「受注日」を絞り込むことで、受注日が19/10/01~19/12/31の工事だけを表示することができます。
[No.69899] 工事別原価管理表の目標利益と目標純利益の違いは何ですか?
「目標利益」は「請負金額-予算金額」です。そこから「一般管理費」を引いた金額が「目標純利益」となります。 一般管理費は、予算入力時に、該当工事に関わる一般管理費用として見込金額を入力することができます。 「初期設定」-「工事情報」の「管理費計算」で、「工事登録で入力(請負額×率)」を選択した場合は、「工事登録」-「請負情報」で登録した「請負金額」に、「工事登録」-「基本情報2」で設定した「一般管理費率」をかけて、一般管理費を計算します。 「初期設定」-「工事情報」の「管理費計算」で、「実行予算で入力」を選択した場合は、「見積/予算」-「予算入力」で、「工事費用区分:一般管理費」の費目の金額が一般管理費として集計されます。
[No.69898] 工事別原価管理表で営業担当順に出力していますが、特定の部門のみ出力することはできますか?
ヘッダーの「条件設定」をクリックし、「条件設定2」で「部門」を指定して絞り込むことができます。
[No.69897] 工事ごとに入金が登録されたか確認するために、工事別原価管理表を見ていますが、出てこない工事があるのはなぜですか?
「条件設定」で、工事を抽出する条件が異なっているためです。「条件設定1」の「金額/残高表示」を「すべて 0円明細も表示」に設定し、工事が正しく表示されるかを確認してください。 それでも出てこない場合は、「全範囲」をクリックすることで指定した条件がクリアされますので、一度条件を設定しなおしてください。
[No.69896] 工事別原価管理表で、期間を1ヵ月間指定しているのに過去の工事も表示されるのは何故でしょうか?
ヘッダーの「期間」は、金額の集計期間になり、工事を抽出するためのものではありません。 工事を絞り込む場合は、「条件設定」をクリックし、「条件設定2」で「受注日」や「完成日」の期間を指定して、工事を絞り込むことができます。
[No.69895] 工事別原価管理表で、期間を2020/3/1~31とした場合、原価合計の累計には金額が入っているのに、今回が0円となるのはなぜですか?

「原価合計」の上段(「今回原価」)には、指定した期間の2020/3/1~31の原価合計が表示されます。下段(「累計原価」)には、2020/3/31までの累計原価合計が表示されます。

指定した期間の2020/3/1~31に原価金額が発生していないため、今回原価は0円となります。

[No.69894] 1か月の間に原価が発生した工事の一覧を確認するにはどうしたらよいでしょうか?
「工事別原価管理表」において、「条件設定」をクリックし、「条件設定1」の「金額/残高表示」を「期間内の原価(≠0)のみ表示」を選択することで、原価が発生した工事が抽出されて表示されます。
[No.69889] 工事で部門を登録していのですが、 部門ごとに集計して原価を確認することはできますか?
「部門別原価管理表」([原価集計]-[原価管理表]-[部門別原価管理表])でご確認ください。「部門別原価管理表」で、部門明細をダブルクリックするか、またはサブツールバーの「工事別参照」のボタンを押すことで、選択した部門の「工事別原価管理表」を見ることができます。
[No.69888] 工事別原価管理表で原価を見ていますが、この月はいくらかかった等、月毎に推移で見ることはできますか。
「原価集計」-「工事原価推移表」にて月ごとの原価を推移で確認することができます。
[No.69887] 工事別原価管理表で要素内訳ごとの集計はできますか?
「工事別原価管理表」ではできません。代わりとして、「仕入明細集計・分析」で、「集計機能:する」を選択し、「要素集計:要素内訳」を選択して、確認する方法があります。
[No.69886] 工事別原価管理表を出力したときに材料費の原価が0円になっている現象があります。
「仕入/日報」-「仕入伝票入力1・2」または「仕入/日報」-「日報入力」で、「立替」のチェックが付いている明細は、原価集計の対象外となるため、「工事別原価管理表」には金額が表示されません。 ※画面イメージは、「仕入伝票入力1」です。
[No.69879] 2019/10/31までの未成工事支出金残高を確認する時はどの画面がよいでしょうか?

「工事別原価管理表」で確認することができます。
ヘッダーで、「期間」を「2019/10/01~10/31」、「未成・完成」を「未成」に設定し、「条件設定」をクリックします。「条件設定1」で、「金額/残高表示」を「期間内の原価(≠0)のみ表示」と設定し、表示すると、「今回原価合計」で、未成工事支出金残高を確認することができます。

[No.69878] 今月(2020/03/01~03/31)完成した工事の一覧を見るにはどうしたらよいでしょうか?また、今月完成した工事の利益も確認したいです。

「工事別原価管理表」で、「条件設定」をクリックし、「条件設定1」の「金額/残高表示」で「すべて0円明細も表示」を選択し、「期間」を「2020/03/01~3/31」に指定します。次に「条件設定2」で、「未成・完成」を「完成」にし、「完成日」を今月の「2020/03/01~3/31」に指定します。

こうすると今月完成した工事が工事別原価管理表の画面に表示されます。
利益は、「実質利益」の項目で確認することができます。
「実質利益」は、「条件設定1」の「売上区分」の設定によって集計する金額が異なります。

「売上区分:受注額」  実質利益=請負-原価
「売上区分:完成額」  実質利益=請負完成額-原価
「売上区分:売上額」  実質利益=売上-原価

[No.69877] 今期(19/01/01~12/31)の工事完成高を工事別原価管理表で確認するにはどうしたらよいでしょうか?

ヘッダーで、「期間」を「2019/01/01~12/31」、「未成・完成」を「完成」に設定し、「条件設定」をクリックします。「条件設定1」で、「売上区分:完成額」、「金額/残高表示:期間終了までの未成原価(≠0)または期間内完成原価・完成高(≠0)を表示」、「売上対象:あり(売上区分)」を選択し、「設定終了OK」をクリックします。

この条件で表示される「今回完成金額」が、今期の工事完成高となります。

[No.69876] 完成工事の未収金がある工事を確認することはできますか?
「工事別原価管理表」で「完成工事」を選択し、「条件設定」-「金額/残高表示」を「未収金残高あり」にすることで確認できます。 または、「売掛残高一覧表」でも「条件設定」で同じように「完成工事」を選択し、「金額0円表示」を「未収金残高あり」を選ぶと得意先別に表示することができます。
[No.69875] 工事別原価管理表で、前期分の完成工事を確認する方法はありますか?完成にチェックを入れていますが、前々期分も表示されてしまいます。

「条件設定」の「完成日」で前期の期間を指定をしてください。

[No.69874] 未成工事と今期完成した工事の一覧を確認する画面はありますか?

「工事別原価管理表」で確認できます。期間を今期に設定し、「条件設定」の「金額/残高表示」で「期間終了までの未成原価(≠0)または期間内完成原価・完成高(≠0)を表示」を指定してください。

[No.69873] 19/4~20/3の売上と原価の金額を工事ごとに確認する方法はありますか?

「工事別原価管理表」で確認ができます。「期間」は「19/4~20/3」に設定し、「今回売上金額」と「今回原価」の金額を確認してください。
「今回売上金額」の表示がない場合は、「条件設定(F7)」-「条件設定1」で「売上区分」を「売上額」に設定してください。

[No.69872] 工事別原価管理表に表示される今回売上金額の「今回」とは、どの期間を指しますか?

「工事別原価管理表」のヘッダー部分で指定した「期間」を指します。この期間内に売上伝票日付がある伝票の合計金額が「今回売上金額」として表示されています。また、「累計売上金額」とは「期間」の終了までの合計金額が表示されます。原価の集計方法も同様です。

[No.69849] 工事別原価管理表に売上伝票で入力した日付を表示できますか?
「**売上日-初回」,「**売上日-最終」の項目定義をお使いの帳票に入力することで、売上伝票日付が表示されます。入金伝票の日付を表示する場合は、「**入金日-初回」,「**入金日-最終」の項目をご使用します。
[No.69819] 工事別原価管理表で合計に会社全体の粗利が出ているので、ほかの社員には見せないようにできませんか?
「権限グループ登録」(「メンテナンス」-「セキュリティ」-「権限グループ登録」)で、工事別原価管理表のメニュー自体を、ユーザーごとにご使用するかどうか設定することができます。
[No.69799] これまで特定の工事に入力した仕入伝票を全て確認する方法はありますか?
「工事台帳」で、ヘッダーの「全期間対象」にチェックを入れていただき、特定の工事を選択すると、工事の全ての仕入明細をご確認することができます。
[No.69798] 工事台帳で労務の明細がたくさん出てくるので同じ品名の場合、集計できないでしょうか?
「条件設定」または画面のヘッダー部で、「同一明細の場合に数量・金額を集計する」にチェックを付けると、同じ品名を集計することができます。
[No.69797] 売上伝票と入金伝票を入力していますが、工事台帳で売掛を出すにはどうすればよいでしょうか?
「条件設定」で「売上区分」を「売上額」にすれば、ヘッダーで「売上金額」「入金額」「未収入金」が確認できます。
[No.69796] 予算入力は行ったが、工事台帳に予算額が表示されないのはなぜですか?
「見積/予算」-「予算入力」で、「当初確定」のチェックを付け、登録することで、「工事台帳」に予算額が表示されるようになります。
[No.69795] 勤怠入力で日々の労務時間を管理しています。 工事台帳で見たときには「作業員」で表示されますが、社員名を表示することはできますか?

「社員登録」-「基本情報1」において、「品名」で登録されている品名マスターが「作業員」になっています。
社員名で表示したい場合は「品名一覧登録」で社員ごとに品名を作成し、「社員登録」の「品名」で、該当の社員品名を紐づける必要があります。

[No.69794] 仕入伝票入力の立替タブに入力した内容は工事台帳に表示されますか?
「仕入伝票入力1・2」の「立替」タブに入力した内容は、業者に支払する際に、相殺として差し引かれる金額となるため、工事台帳には表示されません。「仕入伝票入力1・2」の「立替」タブに入力した金額は、「立替明細一覧表」で確認することができます。
[No.69793] 仕入伝票入力で、立替チェックを付けた明細は、工事台帳に表示されますか?

「区分別」で、「日付別」または「要素別日付順」を選択している際に、「条件設定」の「立替金額の表示」で「立替金額を表示する」を選択している場合は、立替チェックを付けた明細を表示することができます。
ただし、原価には集計されず、「立替金額」として表示されます。

[No.69789] 工事台帳から仕入伝票の入力画面を表示させることはできますか?

「区分別」で「日付別」、「要素別日付順」を選択している場合であれば、サブツールバーの「仕入伝票参照」、または明細のダブルクリックで、[仕入伝票入力1・2]を表示することができます。

[No.69749] 工事台帳の出力に売上と入金の明細を印字することはできますか?

「出力設定」で、「区分別:日付別」を選択し、「Excelフリー設定」の「書式ファイル」で、「V210請負工事台帳(日付別)_売上_税抜_書式.xlsx」または「V210請負工事台帳(日付別)_売上_税込_書式.xlsx」を選択すれば、売上明細と入金明細が表示されます。

なお、お使いの書式に売上と入金の明細を印字する場合は、Excelフリーの機能で、ヘッダー領域に印字することが可能です。
「特殊明細」の「印刷設定値」は、「印刷領域1」=「請負」、「印刷領域2」=「入金」、「印刷領域3」=「売上」 と領域が分かれています。

[No.69699] 工事の月々の仕入の推移や発注、予算との比較を見たいです。

「原価集計」-「工事原価推移表」で、月ごとの原価及び発注金額、予算金額、発注残高、予算残高を確認することができます。

[No.69698] 工事原価推移表で6カ月分表示されますが、1年間を表示させることはできますか?

「会社設定」-「基本情報」で「表示推移期間」を「12カ月」にしていただくと表示されます。

[No.69697] 工事原価推移表で他の人と違う表示になるのはなぜですか?

「条件設定」が異なっている可能性があります。「条件設定」は、ログインするユーザーごとに前回の設定値を引用するため、「条件設定」の設定を変更する必要があります。

[No.69696] 工事原価推移表の出力で表示される取極内原価と取極外原価の意味を教えてください。

「取極内原価」は発注があり、仕入しているものです。
「取極外原価」は発注がなく、仕入しているものになります。

「仕入明細」の「注文番号」が未入力の場合は、すべて「取極外原価」に含まれます。「仕入伝票入力1・2」で、「発注参照」から引用することで、「注文番号」がセットされ、「取極内原価」に含まれるようになります。

[No.69695] 工事原価推移表で発注した分の仕入が取極内に上がってきません。

仕入入力時に、「発注参照」していない為と思われます。「仕入/日報」-「仕入伝票入力1・2」で、「仕入明細」に「注文番号」が登録されているかご確認ください。

「注文番号」が登録されていない場合は、サブツールバーの「発注参照」から、仕入を入力し直してください。

[No.69694] 工事関係なく、仕入先ごとに予算、発注、原価を比較したいです。

できません。工事ごとであれば、「原価集計」-「工事原価推移表」で確認できます。

[No.69693] 要素ごとの予算と原価金額を確認する画面はありますか?

工事毎の要素別の合計額で確認する場合は「工事別原価管理表」で確認できます。
工事単位であれば「工事原価推移表」で確認ができます。「区分別」は「要素別」を選択してください。

[No.69692] 工事原価推移表で入力済みの請負金額が表示されません。なぜでしょうか?

「工事原価推移表」で設定している「期間」の終了日までに、「工事登録」で設定した「受注日」が含まれているか確認してください。
「期間」の終了日よりも、「受注日」が未来の日付の場合は表示されません。

[No.69599] 工事ごとに仕入と売上、入金を月の推移を確認したいです。

「原価集計」-「売上仕入分析表」で工事ごとに売上と仕入を確認できます。画面または「条件設定」の、「入金内訳表示」を「する」に設定すると、現金や振込などの入金内訳を、「原価内訳表示」を「する」に設定すると、要素ごとに原価金額を確認することができます。

[No.69499] 「完成工事一括登録」と「工事登録で完成日を登録」は同じことでしょうか?

機能としては同じです。「完成工事一括登録」では、表示される工事に対して、一括で完成日を入力することができます。「工事登録」では、工事ごとに、「請負情報」タブで、完成日を入力することができます。

[No.69398] 各種区分設定で、工事種類は変更しても良いですか?

「工事種類」では、工事経歴書を出力する際に必要な種類が登録されています。工事経歴書を出力する場合は、変更しない事をおすすめします。工事経歴書を出力しない場合は、変更しても問題ありません。

[No.69199] 未成と完成の判断は工事マスターの請負情報の完成日の登録の有無でしょうか?追加請負があって当初だけ完成した場合はどちらを選択するのでしょうか?

「工事登録」-「請負情報」で「請負明細」のどれか1つでも「完成日」が入っていれば、完成日以降の日付において、その工事は完成扱いになります。

[No.69198] 1つの工事で業者順で並ぶ帳票はどれですか?

「原価集計」-「工事原価推移表(業者別)」、「仕入/日報」-「仕入集計表」、「仕入/日報」-「仕入明細一覧表」です。「仕入/日報」-「仕入明細集計分析」については、「条件設定」で1つの工事に絞ることで、業者毎の金額を集計することができます。

[No.69197] 未成工事で科目別の原価金額を確認できないでしょうか?

「仕入/日報」-「仕入明細集計・分析」で確認できます。「仕入明細集計・分析」の「条件設定1」で、「集計機能:する」、「科目集計:借方」を選択し、「条件設定2」で「未成・完成:未成」を選択してください。


[No.69196] 工事台帳と工事別原価管理表の違いは何でしょうか?

「工事台帳」は、1工事1ページで、選択した工事の内訳や仕入明細を確認することができます。「工事別原価管理表」は、1工事1明細で、複数工事まとめて原価金額や請負金額を確認したり、選択した条件に含まれる工事の合計金額を確認することができます。

[No.69195] 枝番工事を合算して出力できる帳票はないでしょうか?

「原価集計」-「工事別原価管理表(枝番合算)」、及び「原価集計」-「工事台帳(枝番合算)」機能でご確認できます。

[No.69194] 売上と仕入の品名毎の粗利管理は行えますか?

どっと原価NEOの機能では、品名事の粗利管理はできません。可能な方法としては、仕入明細と売上明細をCSVファイルに出力し、Excelなどで加工する方法があります。

[No.68999] 配賦対象となる原価を仕入入力する場合の入力方法を教えてください。

業者は通常通りに仕入した業者を入力します。工事は配賦元工事(ダミー工事)で入力します。
「配賦元工事」は「工事登録」の「属性区分」を「共通費配賦用」を選ぶ必要があります。

[No.68994] 原価配賦は1明細ごとに工事に配賦されますか?

「配賦基準設定」で選択することができます。「配賦元の品名で登録する」を設定は各明細ごとに、指定した品名を設定すると要素内訳ごとに纏めて配賦されます。

[No.68988] 原価配賦された仕入伝票の業者は何になりますか?

「配賦先業者」になります。これは「配賦基準設定」で事前に登録した業者になります。

[No.68985] 配賦基準設定で配賦先に指定できない業者があります。

「業者登録」の「消費税計算」が「締日単位」の場合は配賦先業者に指定できないので、「消費税計算」を「明細単位」か「伝票単位」に変更します。

[No.68984] 配賦元用の工事を作成しましたが、配賦基準設定で配賦元工事を選択できません。

新規作成した「配賦元工事」の「属性区分」を「8:共通費配賦用」に変更すると選択できるようになります。

[No.68983] 配賦基準設定を行っていますが、配賦元工事と配賦先業者には何を指定すればよいでしょうか?

「配賦元工事」は、配賦処理前に原価を計上するダミー工事です。「配賦元工事」に登録された原価が、「原価配賦処理」によって各工事(各工事)に振替されます。
なお、「配賦元工事」に設定できる工事は、「工事登録」-「基本情報1」で、「属性区分」が、「共通費配賦用」になっている工事のみとなります。

「配賦先業者」は、[原価配賦処理]をしたときに、各工事に配賦の仕入明細を起こす内部処理でご使用する業者になります。そのため[業者登録]で、配賦処理用のダミー業者を作成の上、「配賦先業者」にダミー業者を指定してください。
なお、「配賦先業者」に設定できる業者は、[業者登録]-「基本情報」で、「消費税計算」が「明細単位」か「伝票単位」の業者のみとなります。

[No.68982] 配賦基準設定で、機械稼働時間で配賦することは可能でしょうか?

できません。「配賦基準」となる項目は、「請負金額」、「原価金額」、「労務数量」のいずれかから選択します。

[No.68981] 原価配賦をするのに直接経費(要素5)は労務数量で、間接経費(要素7)は原価実績で、それぞれ配賦したいのですが、できますか?

[配賦基準設定]で「配賦基準」を2つ作成し、「配賦基準要素選択」で
”直接経費分”の要素と、”間接経費分”の要素を制限することで、要素で原価を分けて配賦することができます。また「配賦元工事」も2つ作り、それぞれ直接経費用、間接経費用にします。

[No.68980] 原価配賦を実行するとかなりの数の明細が表示されるので、時間がかかります。何か対処方法はありますか?

[配賦基準設定]において、「工種の配賦方法」で「指定した工種で登録する」を選択する、または「品名の配賦方法」で「指定した品名で登録する」を選択して、配賦時に作られる原価工種、品名を「配賦先工種」~「配賦先品名コード」に固定値を登録して限定することで、配賦先の明細数を減らすことができます。
注意点として、「工事別原価推移表(工種別)」で予実の対比をする場合などは「工種」が必要になりますので、この場合は、「工種の配賦方法」は「配賦元の工種で登録する」を選択することを推奨します。

[No.68979] 配賦基準設定の配賦処理にある部門共通費配賦を選択すると配賦先工事が選択できるようになりますが、どのような使い方になるのでしょうか?

2次配賦することを想定しています。部門用のダミー工事を[工事登録]にて用意しておき、「配賦先工事」の「配賦率」で原価を配賦することができる設定です。

[No.68898] 原価配賦について 、配賦率はどのように決まっているのでしょうか?配賦基準設定は配賦基準が原価実績となっています。

配賦先工事の原価で、「配賦先期間」が入力されている場合は期間内の原価金額に応じて按分し、「配賦先期間」が入力されていない場合は累計原価金額で配賦基準を按分します。

[No.68895] 間接費配賦を行うと、配賦したい工事としたくない工事があるのですが、対応できますか?

「原価配賦処理」の「条件設定」にある項目で絞り込みができます。その会社特有のものであれば「工事条件」などをご使用し、対象を抽出することができます。また、原価配賦の計算後、選択のチェックを外すこともできます。

[No.68893] 現在は、『間接費・労務費配賦』を使用しています。 例えば、300万の共通費があった場合、現状全ての工事に配賦していますが、300万の内100万円は特定の工事に特定の割合で配賦したい場合、どうしたらよいでしょうか?

200万円分
 今まで通り、「間接費・労務費配賦」をご使用します。
100万円分
 「部門共通費配賦」を使用します。
「配賦元工事」は別々に設定し、仕入もそれぞれの工事に行います。

[No.68890] 請負金額を元に原価配賦を行います。請負が複数行ある場合、どの請負が配賦基準額になるのでしょうか?

「配賦基準」が「請負実績」の場合、請負金額の累計で配賦率を求められます。受注日や工期、完成日などの期間指定はできません。

[No.68889] 「配賦先期間」とはどのようなものでしょうか?集計金額は今回か累計かどちらになりますか?

「配賦基準区分」が「請負実績」の場合は、「配賦先期間」に関係なく累計請負の金額となります。「配賦基準区分」が「原価実績」・「労務数量」の場合は、「配賦先期間」の開始・終了までの期間の集計した金額・数量となります。

[No.68886] 配賦元期間、配賦先期間、配賦日付とはそれぞれ何でしょうか。

「配賦元期間」 配賦元工事に入力した原価金額(配賦する金額)を集計する期間です。
「配賦先期間」【配賦先の基準値】を集計する期間です。
「配賦基準区分」が「原価実績」の場合は、指定した期間内に発生した通常工事の原価を集計します。「請負実績」の場合は、期間に関係なくすべての請負明細の金額を集計します。「労務数量」の場合は、指定した期間内に発生した労務数量を集計します。
「配賦日付」 配賦伝票の作成日付です。

[No.68797] 工事別原価管理表の条件設定で「すべて0円明細は表示しない」の場合に、配賦済みの配賦元工事が表示されないのはなぜでしょうか?

配賦処理を行った際に配賦元原価に対するマイナスの仕入が作成されるため、原価が0円になっています。その他の金額を登録していなければ、全て0円になり表示されません。

[No.68796] 先月にある工事に配賦された仕入明細を、一覧で確認する方法を教えてください。

「仕入明細一覧表」で「工事」を該当工事、「属性」を原価配賦で絞り込みすることで確認できます。

[No.68792] 原価配賦したデータが見つかりません。探す方法はありますか?

「仕入明細一覧表」もしくは「仕入明細集計・分析」の「条件設定」で「属性」-「配賦」にチェックを入れて表示します。

[No.68687] 残調整ボタンはどのような場合に使用するのでしょうか?

「原価配賦処理」で「計算」ボタンを押すと「配賦先の基準値」による割合で按分されますが、その後手修正ができます。手修正をしたときに、配賦対象額と現在の配賦額の差額を選択した明細で自動調整します。

[No.68678] 原価配賦を実施しましたが間違えたので、もう一度実施する際の手順を教えてください。

「配賦基準」と「配賦日付」が一致するデータがあれば、削除後に再作成されます。「
配賦日付」が変わる場合は、サブツールバーの「原価配賦履歴表示」でデータを表示し、「配賦データクリア」で配賦処理を削除してから再度、配賦計算をする必要があります。

[No.68677] 原価配賦を実施しましたが間違えたので取り消す方法を教えてください。

サブツールバーの「原価配賦履歴表示」でデータを表示し、「配賦データクリア」で取り消すことができます。配賦されたデータも削除されます。

[No.68391] 原価配賦処理をした上で工事台帳で確認すると配賦を含んだ金額になっていますが、配賦を除いた金額を確認するような切り替えはできますか?

できません。但し、工事台帳の業者別であれば、配賦用業者としての金額を確認することはできます。

[No.67899] 「収支見込入力」では何を入力するのでしょうか?

予算外の追加予想原価を入力することができ、完成時の見込原価、及び見込利益を管理することができます。

[No.67898] 「収支見込入力」で工事が1件も出てこないのはなぜでしょうか?

「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」で「9:工事別」を選択している場合は表示されません。「収支見込区分」を「1:工種別」~「4:業者別」のいずれかに変更することで表示されます。

[No.67897] 収支見込入力で、発注し、仕入、支払処理をしているが、発注残高が残っているのはなぜでしょうか?

仕入が発注と紐づいていない可能性があります。「仕入伝票入力1・2」で、「発注参照」から仕入を登録し直すことで仕入と発注が紐づきます。なお、「初期設定」-「支払情報」の「査定方法」が「注文番号単位に査定する」の場合は、仕入を登録し直した後に、「支払査定」を再計算します。

[No.67896] 収支見込入力の既原価と、日報入力画面の累計原価が合わないのはなぜでしょうか?

「収支見込入力」の既原価は、指定した「対象年月」の会社決算日までの金額を集計しています。例えば、対象年月が「20/06」で、会社決算日が「2020/9/20」が決算日の場合、2020/06/20までの累計原価が「既原価」に表示されます。この場合は、「日報入力」の「日付」が2020/06/20であれば、原価金額が一致します。「収支見込入力」の「対象年月」と、「日報入力」の「日付」の設定が正しいかご確認ください。

[No.67895] 見込原価の管理について、完成前で100万の支払が残っている状態です。業者から請求がきていない場合、見込原価の登録をしないとダメでしょうか? 発注は登録しているため、発注残高を原価に持ってこれるのが理想ですが、できるでしょうか?

「収支見込入力」で、見込原価の管理をすることができます。「工事登録」の「収支見込区分」を「2:工種/注文番号別」を選択し、「収支見込入力」で追加予想原価を入力します。発注金額は最終予想原価に含まれているため、追加予想原価を考慮した予想利益を確認することができます。

[No.67894] 収支見込入力の最終予想原価に反映されない仕入があるのはなぜでしょうか?

「仕入伝票入力1・2」において、「立替」チェックが入っている場合は原価に含まれません。

[No.67893] 帳票:収支見込詳細表の右上に出ている出来高率と出来高金額はどのデータですか?

「収支見込入力」で、追加予想原価が登録できます。これは、今月以降の予測原価になり、そこから「今月消化率((既原価+追加予想原価)÷確定予定金額)」が計算されます。その率が、「収支見込管理表」の出来高率に反映され、「出来高金額=(累計受注額+追加予想請負金額)×出来高率」として計算されます。

[No.67892] 収支見込入力で、複数工事分を一括で登録することはできますか?

「収支見込入力」では、複数工事分を一括で登録することはできません。「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」で「9:工事別」を選択している場合は、「収支見込管理表」で複数工事分を一括で登録することができます。「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」でその他の区分を選択している場合は、「収支見込入力」で工事ごとに登録する必要があります。

[No.67891] 収支見込管理表では、追加予想請負金額と追加予想原価しか登録できないのでしょうか?

「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」で「9:工事別」を選択している場合は、追加予想請負金額と追加予想原価、出来高率、出来高金額を入力することができます。「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」でその他の区分を選択している場合は、追加予想請負金額と出来高率、出来高金額を入力し、「収支見込入力」の画面で、追加予想原価を入力する形になります。

[No.67799] 収支見込入力の帳表を出力しようとすると「データがありません」というメッセージが出て、出力できません。

「収支見込入力」で、追加予想原価を入力後、登録することで、データを出力できます。なお、追加予想原価は「0円」で登録することもできます。

[No.67798] 収支見込詳細表で、業者/要素別に予算と原価を確認し、今後の予定を入力できますか?

収支見込詳細表では、業者別、または要素別のどちらか一方は可能ですが、業者/要素別はできません。収支見込詳細表での査定の種類は「工事登録」-「基本情報2」の「収支見込区分」で「工種別」「工種/注文番号別」「要素別」「業者別」から選択してください。

[No.67699] 収支見込管理表の出来高金額で入力した内容が変わっていました。どこで再計算されるのでしょうか?

「収支見込入力」の「今月消化率(既原価+追加原価)÷確定予算」が収支見込管理表の出来高率となり、「出来高金額=(累計受注額+追加予想請負金額)×出来高率」として計算され、「収支見込管理表」の「出来高率」「出来高金額」を変更します。

[No.67698] 収支見込管理表の項目名を変更できますか?

「収支見込管理表」の項目名は変更できません。

[No.67697] 収支見込管理表について、複数名が同時に同じ工事を開くと排他チェックがかかりますが、 この排他チェックがかかる条件は何でしょうか?

対象年月と表示する工事が同じ場合には排他チェックがかかります。

[No.67599] 収支見込管理表で追加予想原価が0円の工事は表示しないようにできますか?

条件設定で、0円の工事が表示されないように絞り込むことはできません。Excel出力後、フィルター機能で0円以外の工事を抽出し、確認してください。