どっと原価NEO 製品をご利用のお客様 Q&A

※どっと原価製品をご利用のお客様Q&Aはコチラ

キーワード検索

※どっと原価製品をご利用のお客様Q&Aはコチラ

工事登録

工事番号のルールを作りたい

【導入】の[会社設定]を開き、『採番情報』をクリックします。『採番区分』を工事コードに変更し、工事コードの開始・終了を入力することで採番ルールの作成が可能です。
工事コードのルールを複数作成した場合、[工事登録]で新規ボタンをクリックすると採番情報で作成したルールがガイド表示されます。

使用メニュー: 会社設定    使用メニューの入口:導入-設定-会社設定
関連メニュー:工事登録

更新日:2018.10.11

工事を作成したい

【導入】の[工事登録]から、必須項目を入力後「登録」ボタンで登録を行います。

使用メニュー:工事登録     使用メニューの入口:導入-工事登録
関連メニュー:工事登録、予算入力、発注依頼入力、発注入力、        

仕入伝票入力、支払伝票入力、売上伝票入力、入金伝票入力

更新日:2018.10.11

既定値を設定しておきたい

【導入】の[工事登録]の画面でサブツールバーの『既定値編集』をクリックし、常に入力しておきたい項目を入力して登録をクリックします。次回新規作成時に既定値編集で入力した項目が自動で入ります。

使用メニュー:工事登録   使用メニューの入口:導入-工事登録
関連メニュー:業者登録、発注者登録、工事登録、社員登録、機械登録

更新日:2018.10.11

入力項目の名称を変更したい

【導入】の[項目名称設定]を開き、『マスター及び区分選択』を工事(または請負情報)に変更します。ユーザー定義名を変更することで名称の変更が可能です。ただし、変更ができないユーザー定義名もあります。

使用メニュー:項目名称設定   使用メニューの入口:導入-設定-項目名称設定
関連メニュー:工事登録

更新日:2018.10.11

発注者(請求先)を作成したい

【導入】の[発注者登録]から、必須項目を入力後「登録」ボタンで登録を行います。

使用メニュー:発注者登録   使用メニューの入口:導入-発注者登録
関連メニュー:見積入力、工事登録、売上伝票入力、入金伝票入力

更新日:2018.10.11

部署または支店を作成したい

【導入】の[部門一覧登録]から、必須項目を入力後「登録」ボタンで登録を行います。

使用メニュー:部門一覧登録   使用メニューの入口:導入-部門一覧登録
関連メニュー:社員登録、機械登録、見積入力、工事登録

更新日:2018.10.11

営業担当者を作成したい

【導入】の[社員登録]から必須項目を入力後「登録」ボタンで登録を行います。

更新日:2018.10.11

受注区分の選択肢を変更したい

【導入】の[各種区分設定]を開き、『テーブル及び区分選択』を受注区分に変更します。名称を変更もしくは項目を追加することで選択肢の変更が可能です。

使用メニュー:各種区分設定   使用メニューの入口:導入-設定-各種区分設定
関連メニュー:見積入力、工事登録

更新日:2018.10.11

検索項目の選択肢を変更したい

【導入】の[各種区分設定]を開き、『テーブル及び区分選択』を検索項目名と同じものに変更します。名称を変更もしくは項目を追加することで選択肢の変更が可能です。

使用メニュー:各種区分設定   使用メニューの入口:導入-設定-各種区分設定
関連メニュー:見積入力、工事登録

更新日:2018.10.11

要素内訳を作成したい

【導入】の[要素内訳一覧登録]から登録を行います。原価要素については、8つの要素から選択して各要素別に内訳を登録・編集します。

使用メニュー:要素内訳一覧登録   使用メニューの入口:導入-要素内訳一覧登録
関連メニュー:社員登録、品名一覧登録、工事登録、見積入力、予算入力、発注依頼入力、

発注入力、仕入伝票入力、支払伝票入力、売上伝票入力、入金伝票入力

更新日:2018.10.11

出力帳票のレイアウト(配置・配列)を変更したい

出力帳票のレイアウト(配置・配列)を変更するには、Excelフリーモジュールが必要です。
①入力画面の画面右上にある『出力』ボタンをクリックします。②出力設定の画面が開きます。『Excelフリー設定』-『書式ファイル』という項目の右横にある『書式複写』ボタンをクリックし、書式をコピーします。
※弊社で提供させていただいている書式は原本になります。原本への加工はせず、複写された原本の書式で加工を行って下さい。③書式を複写する際に、複写先ファイル名を任意の名前に変更していただきます。④『書式複写』ボタンの左横の『書式起動』ボタンをクリックし、起動したExcelファイルから加工を行います。⑤加工後はExcel書式を上書き保存し、加工箇所が反映しているかプレビューで確認します。
※ヘルプの【Excelフリーマニュアル】をあわせてご参照ください。

使用メニュー:出力画面全般

更新日:2018.10.11