MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
ホーム > 会社情報 > 社長の小言 > どっと原価NEOシリーズ Ver3.0

どっと原価NEOシリーズ Ver3.0

2017.11.24
原価管理アドバイザーのつぶやき

皆様、こんにちは。

11/21からKDSS保守(スタンダード)に加入して頂いているユーザー様向けに、弊社ウェブサイトよりどっと原価NEOシリーズのVer3.0がダウンロード可能になりました。
今回、Ver3.0で新規に追加された機能から、「見積・予算明細自動バックアップ」をご紹介します。

予算入力や見積入力(※見積作成OP)では、何百行、何千行と大量の明細を入力しなければならないユーザー様もいらっしゃるかと思います。
その入力中、PCが重くなって動かせなくなってしまった、ネットワークが不調で登録ができなくなった、あるいは少し席を外している間にWindowsUpdateで再起動が…などという経験はありませんでしょうか。
ある程度入力したらこまめに保存している、という方なら被害は最小限で済みますが、そうでない場合はせっかく打ち込んだ大量のデータが水の泡になってしまいます。
そんな時でも「見積・予算明細自動バックアップ」の機能を使えば、どっと原価NEOがユーザー様に変わってこまめに明細の保存をしてくれます!

[導入]-[環境設定]-[バックアップ]タブから、明細バックアップの<する/しない>、バックアップの実行間隔をそれぞれ設定することが出来ます。
明細バックアップを「する」にしていると、予算入力や見積入力の明細編集中に、設定した実行間隔で明細のバックアップを実行します。
明細の編集中に不慮の事態で保存できずにどっと原価NEOを終了してしまっても、もう一度開いた後に「明細復旧」をすることが出来ます。
「明細復旧」することで自動的に保存したバックアップから予算/見積の明細を復旧して、終了前の状態から入力作業を続行することが出来ます。
万が一の事態に備えて、ぜひご活用下さい!

お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください