社員のつぶやき

    働き方改革

    投稿日:2018.08.06

    働き方についてお話をしたいと思います。僕は働き方の環境を良くしていく事は非常に大 切なことだと思います。 しかしながら、ここで大切なのはお客様へのサービスが悪くなるのは本末転倒で、むしろサ ービスの質又は量が高くならないといけません。
    ですから、簡単ではありません。
    例えば今まで通りの仕事の量や質で、早く帰りましょう。残業は何がなんでもやりません。 という感覚は我が社にはないと思いますが、言語道断です。 ですから、まずは短な所から見直す事が必要と思います。例えば、必要のない打ち合わせ、 無駄に時間をかけて結論が出ない打ち合わせなどは、特にやめたほうが良いと思います。 ビジネスマナー研修のビデオに出てくるのですが、会議に参加する姿勢として、会議が始ま る前に少し早く来て会議資料に目を通すとか、会議の準備を手伝う事で会議運営がスムー ズに進むのに、ギリギリに参加する人がいる事で、会議がうまく進まない、事例がありま す。 我が社でも、時折、事前に配布された資料を見ていないことを前提に議事進行役が資料を 淡々と読む時間をかけてしまう事があります。 これが無ければ、会議時間は、もしかしたら 3 分の 1 程度に短縮されるかも知れません。 こんな会議運営そのものから変えていこうとしないと、働き方は変わらないと思います。説 明時間を設けることになることなどは、やめるべきと思います。 司会者は読んでもらっていることを前提として議事を進行することが必要です。
    それぞれが、そんな自覚を持ちながら働き方を考えていければと思います。