社員のつぶやき

    You should be well aware of the budget control.

    投稿日:2019.01.21

    会社では、経営会議、営業会議を行っています。
    その会議について、前々から思っていたことなんですが、会議で英語を使うと、なんだか厳しい状況の数字を発言していても、かっこよく聞こえてきます。
    そして、なんだかわかったようなわからないような、それでも納得して会議が終わったかんじになります。

    例えば、英単語を挟んで会議をしたとします。
    社長「来期のbudgetは、どう組んでるんだ。〇〇土木部長?」
    部長「今期のactualは、後半のforecastを見誤った感があるので、来期はDownward revisionしています。」

     どうですか、なんだか素敵な会議をしている感じに変わりませんか?
     英語を使ってみるだけでも、または会議資料に英単語を使うだけでも、気分転換になりますね。

    予実管理:budget control
    予算:budget
    実績:actual
    予測:forecast
    下方修正:Downward revision

     弊社製品の「どっと原価NEO」であれば、「Excelフリーモジュール」という機能で、会議資料に英単語の項目設定も簡単に行えます。
     さらに、予実管理以外に、予測する数値も登録できるので、収支見込管理が簡単に実施できます。
     収支見込管理を新たな実工事に反映することで、予算作成の精度も上がりますし、原価実績を軽減した努力も目に見えてきます。 

     
     今年は、会議を英語で、さらに収支見込管理をしっかりと、「どっと原価NEO」で実施してみませんか!