社員のつぶやき

    新人2年目の若手社員との同行

    投稿日:2019.03.01

    先日、ある営業所の新人2年目の若手社員と同行させていただきました。
    営業所の責任者のクラスの人との同行は、たまにありますが一般の若手社員との同行は久しぶりで、とても新鮮でした。同行は、販売パートナー様2件に伺い、伺った後に、営業所まで営業車で帰る途中、若手営業社員から2つ相談がありました。

     

    1つは、「自分の力でパートナー様により良い提案をして喜んでいただき、結果を出していきたいのですが、なかなか出来ない」ので悔しいという事。 もう一つは、「お客様からハードウェアの事やネットワークの事の質問に対して明確な回答ができない」事の2点でした。 特に2点めは、具体的に勉強をしたいと言うことでした。僕は、どちらも大切だと思いましたが、若手営業社員に、「優先度を考えると、どちらになるのかな?」と質問をするとすかざず、「提案力・伝える力の方です!」と。。。
    「先輩営業社員の様に、上手に提案できるようにしたい。だけど、上手に説明ができない、伝えたいことが伝わらない。」という事でした。

     

    僕は、この若手社員が僕に相談するのは勇気がいっただろうなぁ?と思うと共に、自分のウィークポイントを僕に伝え、どうしたら良いか?と相談してくれたこと、そして自分の力でなんとかしたいという熱い想いを持ってくれていることに大変うれしく感じました。

    人は自分の長所・短所はなかなか分からないものです。
    それが具体的に分かっていて、それを何とかしようと、できる限り身近な第三者に相談できれば必ず、その人は成長できると思います。

     

    早速、営業所長に相談をすると、今後、勉強していく場を作っていきます、、、と。。。すぐに考えてくれる上司の皆さんたちも素晴らしい! とても頼もしく感じました。

    自分の成長は、まず素直に相談すること。そしてそれを真摯に受け止め実行していく。

     

    是非、大切にしていきたいと思います。