MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
ホーム > 会社情報 > 社長の小言 > ミーティングの進め方

ミーティングの進め方

2019.09.24
社長の小言

早いもので今年も残り3か月になります。

何だか早すぎる感がありますが、一方で、だいぶ前からやらないといけないのに、なかなかスタートしていないというものもあるのではないでしょうか?

スタートしないというのは、いいも悪いもやってみないと分からないのに、その結論がなかなか、でないということになります。
これは、このスピードが求められる時代の変化には逆行しているといえます。

もちろん、何も考えずにえいや!とやってしまうのもよくないでしょう。

 

では、どうすればよいでしょうか?

 

先ず、人に迷惑をかけない、会社であれば社内だけの問題であれば、先ずはやってみる。で良いと思います。

人に迷惑がかかる恐れがある、会社であれば、社外との問題の場合は、そういう訳には行きません。 迷惑をかけない方法を考えないといけませんし、また、一度スタートしたら簡単には変更できないため、しっかりと考えて進むことが必要です。

 

ですが、いずれにしても、いくら考えても、話し合っても決まらない、、、、そして時間がかかる、、、常に打合せするのに大勢で行っている。 などがあるとすれば、それは無駄といえましょう。

打合せや会議は、会って議論するためのものです。できる限り会議は課題を解決するために集まる。会議はできる限り少人数。また、会議は会議室ではなく、どちらかの自席や立ち話しや、SNSなどで行うイメージを持って行うことで、会議や打ち合わせ時間の短い生産性の高いものになると思います。

 

是非、そんな効果性の高いミーティングを行うことを意識していきたいものです。

お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください