社員のつぶやき

    現代のIT技術に感謝を

    投稿日:2019.12.10

    みなさん、アップル製品はお使いでしょうか?

    わたしは古くからのアップルユーザーなので、家族用のパソコンはMacであったり音楽を聴く時用にAirPodsを使用したり、さらに今年発売したばかりのiPhone11ProMaxを購入したりと、なにかとアップル製品に囲まれて生活しています。

     

    そんな色んな製品展開をしているアップルですが、初のアップル製品は1976年発売の「Apple Ⅰ(アップルワン)」というマイクロコンピュータがスタートとなり、いわゆる現在の「Macintosh(マッキントッシュ、通称:Mac)」というMacOSを搭載したパソコン型は1984年に初代がリリースされています。その後さまざまな商品を展開・グレードアップし、ポータブルプレイヤーとして「iPod」が2001年に、初代iPhoneは2007年に誕生し、「スマートフォン」という携帯電話を超えた機材を確立させた製品の1つであることは間違いないでしょう。

     

    こうやってAppleの歴史を振り返るだけでも、昔は「パソコン」を持ち歩くことなんてできなかった時代が今では手のひらサイズになっていることがすごいことだと思わせられます。今やポイントカードもアプリ化されたりクレジットカードもデジタル化されるおかげで、スマートフォン1つあれば外に出歩けるという現代です。(現に、わたしは休日に出かけるときお財布を忘れたことが何回もあります…。)この約50年の間で技術が確実に進化を遂げているのは紛れもない事実ですね。

     

    IT技術が日々革新していくなかで、情報提供元となるサーバーには私たちの個人情報や位置情報、さらには色んな会社の商品情報などのたくさんのデータが集まるようになりました。このようなたくさんのデータをビッグデータと言いますが、今後はこのビッグデータをどのようにしてビジネスに活かしていくかを考える時代になってきていると思います。わかりやすく言うと、AI技術を高めた業務処理の向上やマーケットの分析力をより正確にさせるためのツール展開、というところでしょうか。

     

    目まぐるしく色んな製品が発売されれていく現代、IT業界の一員として遅れをとらないよう、各方面から発信される日々の情報には常に耳を傾けていたいものです。