MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み

健康経営の取り組み

ホーム > 会社情報 > 会社概要 > 健康経営の取り組み

健康経営の理念・目的

取引先への安定的な製品供給を行うためには、社員が健康であることが不可欠です。社員が安心して働くことのできる環境を提供し、健康づくりを積極的に推進していくため健康経営に取り組みます。

健康経営における方針

全社員が健康で安心できる職場環境、仕事の中で無理せず健康づくりに取り組める環境整備・機会提供を行う。

  • ワークライフバランスの実現に向けた働き方改革の推進
  • 定期健康診断100%受診への促進や二次検診受診率の向上
  • 女性特有の健康課題への取り組み、環境整備を行う

健康経営における体制

経営トップの健康経営に対する方針のもと、産業医、健康担当者等で、会社全体の健康経営施策を担当する部署を設置し、 定期健康診断データにもとづき、健康経営を推進しています。また安全衛生委員などの職場代表を中心に現場の声を拾い、施策へと活かしています。

実施内容

  • 生活習慣病予防等の健康保持・増進に関する情報の定期的な発信
  • 社内スポーツイベント(ボウリング、ウォーキング)の実施
  • 働き方改革支援制度(介護・育児時短勤務制度、フレックスタイム制度)の実施
  • ストレスチェックの実施と結果検証
  • 健康診断及び二次検診の費用補助
  • 婦人科検診の費用補助
  • インフルエンザ予防接種費用の補助
  • 職場内コミュニケーションの促進を目的とした費用の補助
  • 外部相談窓口の設置
  • 社内相談窓口の設置

今後の取り組み

  • 喫煙率低減への取り組み(セミナーの実施など)
  • 健康づくりに関する講座を積極的に実施
お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください