MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み

工事進行基準

ホーム > 機能 > 工事進行基準

工事進行基準や原価回収基準での売上・収益計上に対応します

工事進行基準機能の画面イメージ

■工事登録の売上基準を「進行基準」に設定することで進捗(進行)率を自動計算します。
■期間は、年次・半期・四半期・月次で売上処理・収益確認が行えます。
■実行予算が確定していない工事は原価回収基準を適用し、予算確定後、進行基準(進行率による売上計上)に切り替え可能です。

ここで算出した売上額は、会計転送による会計ソフトへの反映のほか、原価管理表や売掛残高などに反映させることが可能です。これにより、完成基準以外の売上計上基準が混在した場合の売掛残や収益認識が可能です。

検討に役立つ資料を
無料でプレゼント!
どっと原価NEOの製品機能の詳細や関連帳票など
お役立ち資料をお送りいたします
製品ラインナップ一覧
お客様のニーズにあった製品を
ご提供いたします
お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください