MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
ホーム > セミナー > 建設業に迫る2024年問題! 今日からできる「効率化」で実現する法対応

建設業に迫る2024年問題! 今日からできる「効率化」で実現する法対応

  • アーカイブ配信

ついに2024年4月から建設業にも「残業時間の上限規制」が適用され、原則、月45時間以内の残業時間に納めなければなりません。
ただし、「原則」とあるように「例外」もあるのが、改正労働基準法です。
慢性的な人手不足の建設業においては、魅力ある産業とするため、「建設業でも週休2日を」をキーワードに、「4週8閉所」を広げる活動もありますが実態はどうなのでしょうか。
本セミナーでは、改めて制度内容の振り返りと、長時間労働が課題の建設業において、そもそもの業務時間を削減し、法対応を実現可能なものにするヒントをご説明します。

対象者経営層・各部門責任者向け
費用無料
配信期間2023年11月7日(火)~12月12日(火)
セミナー時間40分

こんなお悩みありませんか?

  • 「建設業の2024年問題」とは何かを知りたい
  • 「働き方改革」出来たらいいけど、建設業には難しい気がしている
  • 労基法改正の対応ポイントを確認したい

参加者の声

残業削減のために業務効率化は必須ですが、とりあえず何から取り組むかのヒントになりました
建設業に迫る2024年問題の取り組みについて参考になった
お問い合わせ
どっと原価シリーズで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
30分で
分かる
無料デモお申し込み 無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください