社員のつぶやき

    初! 北陸新幹線に乗りました!

    投稿日:2015.03.20

    先週、土曜日にいよいよ待ちに待った北陸新幹線が開業しました。 土曜日は、富山大学で行われる2016年度就職活動に向けての学内説明会が開かれ、初めて新幹線で金沢から富山へ行ってきました。 金沢駅では、いろいろなイベントが開催され、渋滞することも予想されましたので、金沢駅一つ前のローカル駅から鈍行で金沢駅に向かいました。 行ってみて驚いたのは、西金沢駅が驚くほどきれいにリニューアルされているだけでなく、西金沢駅に行くための道路も拡張されていて、非常にAccessしやすくなっていたことです。 聞くと、金沢駅付近のローカル駅である、森本駅や津幡駅も綺麗になっているらしく、新幹線による効果はそんなところにもあると感じました。 金沢駅に着いたのは11時半でしたが、かつて見たことのないごった返しでした!駅のコンコースには、加賀友禅を来た友禅大使のグループがいたるところにいて、金沢特有のおもてなしムードを盛り上げていました。 金沢から23分で富山についてしまいますので、あっという間でした。 富山駅に着くと、富山駅も金沢駅同様にごった返していました。 17時ごろ富山大学での学内説明会を終え、富山駅に戻る際にタクシーの運転手に聞くと、富山駅近くは、その日一日凄い渋滞であったらしく、駅のロータリーやタクシーの乗り場などが今日に初めて公開され、タクシーの運転手ですら戸惑ってしまうような状況が原因であると聞きました。 その後、金沢行きの新幹線で金沢駅に戻りましたが、金沢駅構内は18時頃もすごく混雑をしていました。 タクシーに乗り、金沢駅の状況を聞いてみると忙しかったということでしたが、石川県警がしっかりと誘導してくれたこともあり、渋滞はほとんど無かったということでした。 金沢駅のタクシー乗り場などはかなり前に完成し、しっかりした予行演習や石川県警の誘導など、受け入れ準備をしっかりとしていた差なんだろうな~と思いました。 また、昨日は、北陸新幹線に間に合わせた金沢城公園内の玉泉院丸庭園を見に兼六園、金沢城公園に行ってきました。 兼六園には、北陸新幹線が走って行く様子を見るポイントもありました。 そして驚いたのは、金沢城公園が整備されて見るところが多くなったことと、玉泉院丸庭園の素晴らしさです。 「これぞ加賀百万石の庭園だ!」と思わせてくれる素晴らしい庭です。 抹茶と金沢の美味しい生菓子を食べながら、お庭を見るところもありますし、ボランティアの方が50分ほどかけて金沢城公園内を案内してくれます。 金沢城公園を中心に、石川の美味しいお魚などを安く買える近江町市場、前田利家を祀った尾山神社、兼六園、石川県庁跡のしいのき迎賓館、武家屋敷、21世紀美術館全てが、歩いて回れる見どころ満載の金沢になったと感じます。 是非! 大きく変わった金沢へお越しください!!