社員のつぶやき

    ある内定者との出会いに感激!

    投稿日:2018.12.17

    先日、来年4月入社予定の内定者が縁あって追加で営業職1名が決まりました。その方と話していた時に、大事だなぁと改めて感じたことがありました。

    その方は、内定企業が当社の他に当社が内定を出す前に2社決まっていましたが、面接の中で、内定を出したら「迷わず我が社に入社します。」と言ってくれました。

    しかし、他の内定企業2社も素晴らしい企業で、どうして我が社を選んでくれるのだろう?と素朴に疑問を感じ、最終面接がほぼ終了した時に、どうしてもそれを聞きたくなり、「わが社に入社をしたいという思いは聞いたのですが、他の2社はどうして選ばないのですか?」と尋ねてみました。

    すると、、、「1社は同じようなソフトウェアメーカーですが、ある業種の小規模企業を直接回って販売するBtoCの様な営業という事もあり、それに不安を感じているのが理由です。」ということで、なるほど、、、と納得。「では、もう1社は?」と聞くと、「もう1社は、1,000名を超える上場企業◯◯です。」と、、、 誰もが知っている企業でした。

    思わず、「それならそちらの方をどうして選ばないのですか?」と聞くと、、、

     

    「正しい事を正しい社員の皆さんと正しい仕事ができないかも知れないと面接でいろいろと質問をして感じました。僕は正しい事を正しい人たちと長く働きたい。それが選ばなかった理由です。」

     

    と話してくれました。 納得をし感心していると、、、「もう1つわが社がいいな~と思った事があります。」と、、、。 それはブログに書いてある「15年ぶりのお客様との再会」を読んで、”お客様を大切にして仕事ができる”、そんな会社で働きたいと思った様で、そこに感銘を受けたと言ってくれ、とても嬉しく感じました。

    僕が面接終了後の、帰り際に聞いた質問に対する応えだっただけに、本人の気持ちが込もった正直な話だと感じ、ホームページを通して一生懸命、わが社を知ろうとしてくれていた事に感激でした。

     

    本当に有難う! 来年4月の入社を楽しみにしています!!