MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み

見積作成

ホーム > 機能 > 見積作成
6階層までに対応した見積作成で様々な業種に素早く対応

原価管理システムのどっと原価NEOでは、見積入力を行うことで、簡単に見積書を出力することができます。
最大6階層の見積内訳を作成することができ、建設業の様々な業種へ対応します。見積書は、表紙と明細が合体した「明細複合タイプ」もしくは表紙と明細が別々になっている「内訳明細別ページタイプ」で出力可能です。

対応製品

  • どっと原価NEO クラウド どっと原価NEO IE
  • どっと原価NEO LT
  • どっと原価NEO ST
  • どっと原価NEO EX

見積作成の画面イメージ




見積作成の主な機能

1
類似工事見積・実行予算データの複写

類似工事の見積を条件から検索し、引用したい見積を選択して複写することができるため、見積作成時間が削減できます。予算参照ボタンでは、確定済みの工事予算明細を引用します。過去に作成した予算金額を参考に、見積作成が可能です。
類似工事見積・実行予算データどちらも、全明細もしくは明細ごと選択して引用できます。
見積の項目をひな形として登録しておくことで、毎回の予算作成が効率化されます。

2
受注時の工事登録機能

工事登録画面を開かず見積入力の画面から、簡易的な受注登録が行えます。見積入力の画面から、見積を工事に転記する際の工事コードも指定できます。「見積中」「受注」などの区分を任意で登録しておくことで、見積一覧表にて受注一覧や見積中の一覧を確認できます。

3
法定福利費計算

法定福利費を計上する場合、見積入力画面から簡単に計算することができます。法定福利費は、計上しない・する(未入力の場合警告)・する(未入力の場合登録不可)から選択できます。法定福利費の計算方法は2種類から選択可能です。見積金額に労務費率をかけた労務費額から法定福利費を算出する方法と、見積入力の明細で労務費として登録されている内訳を、その見積の労務費額とみなして法定福利費を算出する方法があります。

4
予定原価による見積額シミュレーション

単価数量変更ボタンから、選択した明細の単価や数量を一括で変更できます。単価の変更を行いたい明細にチェックをつけ選択した後に、計算方法(掛率または粗利率)選択し変更を行います。端数、丸めなど端数設定も可能です。
予算参照機能と組み合わせて使うことで、過去の原価データも引用されます。原価をもとに見積金額の算出ができるため、再計算が楽になります。

受注登録・予算管理に複写可能です

見積入力した情報が、受注登録予算管理へ複写できます。

見積作成の動画はこちら

解決テンプレート

人気の高いカスタマイズをテンプレート化し、様々なニーズに柔軟に対応します。

原価明細見積転送/原価明細売上転送

日報入力や仕入入力の原価データを基に、出来高による見積作成や売上処理が迅速に行えます。

■原価明細見積転送 ■原価明細売上転送

検討に役立つ資料を
無料でプレゼント!
どっと原価NEOの製品機能の詳細や関連帳票など
お役立ち資料をお送りいたします
お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください