MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
ホーム > 製品をご利用のお客様 > ご利用のお客様 Q&A > その他オプション > 進行基準工事で、入金の完成振替の要素は、初期設定(会計情報1)の入金振替計上要素が参照されるが、どうしてか?
お困りのことは何ですか?
その他オプション
進行基準工事で、入金の完成振替の要素は、初期設定(会計情報1)の入金振替計上要素が参照されるが、どうしてか?

「工事登録」の「売上基準」が「進行基準」で、進行基準上の売上より入金額が多い場合、完成振替できる金額は最大で進行基準上の売上額までになります。その際、入金明細の要素内訳では、差額分の要素内訳を判断することができないため、「初期設定」-「会計情報1」の「入金振替計上要素」を引用しています。

この内容は参考になりましたか?

ご回答ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます。

解決しなかった場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。