MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
ホーム > 会社情報 > 社長の小言 > 損して徳とれ。

損して徳とれ。

2021.05.10

“損して徳とれ”という言葉を聴いたことがある方も多いと思います。損を惜しんでいては商売は成功しない。という意味であり、具体的にはお客様へのお金にならないサービスの積み重ねが結果として、お客様との信頼を得ることができ、ファンがとなっていただくことで、末永くお付き合いでき、さらに買っていただけれる、ことだと思います。

先日、スポーツジムである、予約をしようと受付担当に確認すると、その日のその時間帯では、もう埋まっているという返事が返ってきました。「仕方がないな?」と。。。「では、またの日にするわ」と僕は答え、諦めようとすると、「ちょっとまってください」とスケジュールを再確認してくれ、しばらくして「この時間帯なら何とかなりますが、どうですか?」と再提案してくれました。僕も、合わせることができたので、そのスケジュールでお願いしたのですが、、、たわいの無い、やりとりですが、これもサービスの一つだと思うのです。

僕が、仕方がないなと諦めても、まだ、親身になって再提案してくれる。とても気持ちの良いやり取りでした。ほんの些細な、お客様の気持ちに、少し寄り添うだけですが、それが、客の立場からすると、とても安心感と信頼感につながり、ファンになってくれます。

そんな、もう一歩、踏み込んで相手の立場になって考えてあげる、それが、損して徳とれを行うための、基本的な心構えではないかと思いました。

お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
30分で
分かる
無料デモお申し込み 無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください