MENUCLOSE
無料まずは資料請求 無料デモお申し込み
お役立ち情報
ホーム > お役立ち情報 > 建設業の外注とは|外注費割合や発注で注意するポイントまとめ

建設業の外注とは|外注費割合や発注で注意するポイントまとめ

2023.03.17
基礎知識

建設業では、外注業者を利用することが一般的です。外注業者を活用することで、自社のコスト削減や専門的な技術の取得などが可能となりますが、その一方で外注費の増大や品質管理の課題などが生じることもあります。

この記事では、建設業における外注費の課題と発注の際のポイントをまとめています!

建設業における外注費とは

建設業において、外注費は一般的に非常に重要なコスト要素になります。建設現場での作業に必要な人材や機材を手配するため、建設業者は外部の専門業者に発注することが多く、その費用が外注費として分けられます。

外注費の割合

外注費は総コストの大部分を占めることがあり、特に人件費や機材費が高額の場合は外注費の割合も高くなります。

外注業者を活用すると、現場の人員不足や技術不足を補うことができますが、外注費がかさめばそれだけ建設会社の利益が減少してしまいます。また、業者によって料金設定が異なるため、コスト管理も難しくなるリスクがあります。

自社で所有する機材や人材を活用することで、外注費を削減することも可能です。外注する部分と自社の機材や人材を活用する部分のバランスをとることが大事といえます。

外注費の管理

先述の通り、外注費は工事原価の大部分を占めることもある要素です。外注費が予算を超過することで、プロジェクトの利益率が低下し、最悪の場合は予算不足による作業中断や品質低下が起こる可能性があります。

外注費の管理には、正確な予算立案、予算に合わせた発注先の選定、契約内容の明確化、作業内容や納期の確認、支払い管理など細かい確認が必要です。

外注費と品質管理

品質管理ができていないと、クレームや再工事となり、コストの増加につながります。外注費に関しても同様で、外注業者の作業品質に問題があれば、再度工事をやり直す必要がでます。そのため、外注先の品質管理体制や施工管理体制の確認が重要です。

外注業者が担当する工程によっては、品質管理が難しくなることがあります。例えば、外壁塗装工事の場合、外注業者が使用する塗料や道具によって、塗装面の品質に差が出てしまうことがあります。品質管理を怠ると、工事の品質が低下し、クレームやリペアの費用がかかってしまう可能性があるため、事前に細かく確認しておくことが必要です。

外注費と人材不足

建設業の人材不足は深刻な問題となっていますが、特に技術力の高い人材は確保が困難です。自社で育成するには時間もかかるため、このような場合は技術力の高い外部の専門業者に発注することが必要になります。

外注業者を活用すると人員不足を補えますが、業者に依存すると自社の人材育成に課題が生まれます。一方、自社で技術者を育成すれば外注費を削減することができますが、それには時間やコストがかかります。長期的に見れば自社で人材育成をする方が良いですが、短期的に必要であれば外注を検討しましょう。

外注費と納期管理

納期管理も重要なポイント。外注先の作業進捗管理や納期の確認が重要です。

工事が遅れることで、契約違反やクレームなどの問題が生じることがあります。外注に関しても、作業の遅延が発生すると、コストの増加や契約違反につながることがあるためよく確認しましょう。

外注費とリスク管理

建設業におけるリスクとは、天候不良による作業中断や事故による工期の遅延、品質不良によるクレームなどです。外注する場合でも、発注先の倒産、品質管理の問題など、リスクがないとは言い切れません。

外注業者への発注割合が多いと、外注業者の都合によって工事が遅れたり、工程が順調に進まなかったり、外注業者が倒産した場合は工事が中断してしまう可能性があります。リスク管理を怠り工事進捗に影響があった場合、工事発注者や施主などから損害賠償されるなどの問題が発生し、会社の信頼性や経営状況に影響を与える可能性があります。外注先の信頼性やリスク管理体制の確認を万全にしておきましょう。

建設業において外注費は重要なコスト要素であり、その管理や選定は工事の成功に直結することが多くあります。外注費の適切な管理や選定を行い、プロジェクトの成功を目指す必要があります。

建設業における外注費の課題解決とは

外注費の課題は、コスト管理、品質管理、リスク管理、人材育成の課題が挙げられます。これらの課題を解決するためには、外注業者とのコミュニケーションを密にし、品質管理やリスク管理に力を入れ、業者の選定や契約条件の見直しなど、外注先を含めた全体最適を目指すことが必要です。

外注業者の選定とコスト管理

外注先の選定には、品質やスキルの高さだけでなく、納期やコスト面など、総合的に判断する必要があります。また、外注先との契約条件も重要であり、品質やリスク管理、遅延補償など、細かな条件を明確にし、契約内容に基づいた業務の遂行を求めることが必要です。

建設業界でも価格競争が進む中、外注費を削減することで価格を下げ、業界での競争力を高められます。しかし、価格のみで発注先を選定すると、品質やスケジュール管理に問題が生じる可能性があります。そのため、外注先の選定は、価格だけでなく品質や納期、信頼性などをバランス良く考慮することが重要です。

品質管理

品質管理においては、外注先に対して十分な指示や監督を行うことが必要です。工事現場での確認作業や検査、報告書の確認など、外注先とのコミュニケーションを密にして、品質管理の徹底を図ることが必要です。

リスク管理

リスク管理においては、外注先が倒産した場合や工事が中断した場合に備えて、リスク分散のために複数の外注先を確保することが必要です。また、契約条件にはリスク回避に関する条項を明記し、契約書に署名・捺印をする前に、弁護士などの専門家に相談することも重要です。

人材育成

人材育成においては、外注先の業者との連携を図りながら、自社での技術習得や人材育成にも力を入れることが必要です。外注費を抑えるためにも、自社での技術習得や人材育成は不可欠であり、継続的な取り組みが求められます。

 工事原価管理システムの活用

建設業において、外注費等のコストを抑制・管理することは非常に重要です。外注費等のコストをうまく管理できれば、収益性を高め、経営効率を改善することができます。そのために、工事原価管理システムが適しています。

精度の高い原価管理が可能

工事原価管理を行うことで、原価と利益を正確に把握することができます。

システムで管理することにより、工程ごとの原価を細かく管理することができます。外注費などのコストを正確に把握することができ、工事の進捗に合わせて実績と予測を比較することができます。予算オーバーのリスク低減につながります。

また工事に関連する経費の管理を行い、予算内での作業を厳守することで利益確保ができます。

正確な予算立案ができる

工程ごとに費用を分類・集計できるため、どの部分でコストがかかっているかが明確になり、コスト削減の対象の明確化が図れるのもポイントです。

また、工事の予算を正確に立案するためにも役立ちます。材料費、人件費、装置費、輸送費、その他の費用など、工事に必要なすべてのコスト要素を正確に把握し、予算を立案することができるからです。

時間と手間の削減

自動的にデータを収集し、計算することにより、人的ミスや手作業によるミスを防ぐことができます。また、管理作業を簡略化することができるため、時間と手間の削減にもつながります。

リアルタイムで工事の進捗状況を監視できるため、実際にかかった費用と予算の差異を把握し、必要に応じて工事原価を調整することができます。また、データの保管場所がばらばら…といったこともないので、データの整理や検索にも便利です。

意思決定のサポート

原価管理システムには、工事に関するデータを入力することにより、かかった原価や工事進捗をグラフなどで確認できる機能があります。グラフから読み取り、意思決定を迅速かつ正確に行うことができます。また、課題を把握することで適切な対策を講じることができるため、問題解決の迅速化にもつながります。

 

外注先とのコミュニケーションや品質管理の徹底、リスク管理の強化など、適切な対策を講じることで、外注費を抑えつつも高品質な建設物の完成に向けて邁進することが可能です。

逆に外注費を抑える場合は、従業員の福利厚生の充実や技術力の向上など、人材育成に取り組むことが重要となります。

工事原価管理システムは、外注費等のコストを抑制・管理するために非常に適しています。原価の管理、経営の効率化を目指している方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

どっと原価NEOの製品機能の詳細や


関連帳票などお役立ち資料をお送りいたします
お問い合わせ
どっと原価NEOで原価管理を
見える化・効率化しませんか?
無料まずは資料請求
製品紹介やお役立ち資料をお送りいたします
30分で
分かる
無料デモお申し込み 無料デモお申し込み
実際の画面で機能をお試しいただけます
お気軽にお問い合わせください