社員のつぶやき

    <第4回>覚えておくととっても便利なキーボード機能(ショートカット等)を一挙公開

    投稿日:2020.04.09

     「どっと原価NEO」の機能をご紹介する際にマウスを使いながら説明していると、『伝票入力が多いから、普段からマウスはほとんど使わないよ』と言われることがよくあります。経理関係の方は、普段からマウスを使わない方が多いようです。営業の私などは、ノートPCを持ち歩き、普段からマウスやアキュポイント(PC中央部にあるクリクリボタン)を使いますし、タッチパッド可能なPCを使う営業もいるので、キーボードを主に操作される方にとっては、操作方法に違和感があるようです。そのような方々にも、キーボードメインの機能をご用意しています。

     「どっと原価NEO」の画面上には、キーボード操作をする方の業務効率アップのため、ツールボタン(画面上部のイラストアイコン)にファンクションキー表示をしています。

    また、ツールボタンの下部にサブツールボタンがありますが、そこもショートカットキー操作が可能です。普段は表示をしていませんが、カーソルをサブツールに合わせると、「CTRL+数字」の表示が現れます。表示される「CTRL+数字」でメニューを起動することが可能です。

     

     

    上記でご紹介した内容は、ヘルプメニュー「基本操作」で、詳しく説明していますので、確認してみてください。今回は、業務効率アップのため、便利なキーボード機能を一挙に3つご紹介します。

     

    ①値のコピー「Ctrl」+「Enter」 

     明細の入力で1つ上の項目と同じ値を入力をしたいとき「Ctrl」+「Enter」を押すと上の値がコピーされます。

     

    ②画面の切替「Ctrl」+「Tab」

     ウィンドウを複数開いている場合、「Ctrl」+「Tab」 で画面の切り替えができます。(新しい方から降順)

    「Ctrl」+「Shit」+「Tab」 で昇順に切り替えも出来るので、2つの画面を交互に見比べるのにも便利です。

     

    ③メニューの起動「Alt」+アルファベット

    「Alt」+メニューに記載されているアルファベットを選択するとキーボードでもメニューを開くことができます。

    例)ファイルであれば、「Alt」+「F」、その後「矢印キー」で起動したいメニューを選択し、「Enter」キーで起動できます。

     

    今回は、キーボードを有効に使える機能をいろいろとご紹介しました。

    キーボード主体に使いこなせると、より早くより効率的にシステムを運用できます。みなさんの日々の業務でもぜひ活用してみてください!

     

    【関連ページ】

    <第1回>「ピン留め」機能で、よく使うメニューに一発ジャンプ!

    <第2回>請求処理が漏れている伝票を見つけ出したい時どうすればいいの!?

    <第3回>どっと原価NEOで誤って更新してしまったデータをすぐに修正する便利テクニック